» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 風呂敷の知識 » 風呂敷の歴史・奈良時代

風呂敷の歴史

奈良時代 包みものの始まり

布ぼく 正倉院蔵

我が国に、布が存在してより「包みもの」の歴史が始まるわけですが、それは最も単純な一枚の布であるため、裁断面が縫製するようになるものの、現在に至るまで形、使用方法の変化はみられません。「包みもの」は素材、染織方法、意匠文様が時代と共に発展、変化を遂げていったにすぎないのです。つまりは、「包みもの」の歴史は名称の変遷であるといえます。包みの名称を有するもので現存するものは、正倉院蔵の御物を包んだ収納専用包みがあり、いずれも収納される品物を想提して設計され収納物の名称が墨書してあります。中国文化摂取が盛んであった奈良時代、文字によって包みものを表していました。包み方は平包みで、布に付けられた紐で結んで収納物を固定して唐櫃(からひつ)に入れて保管していました。

右包み・左包み 1270余年に及ぶ包み方の伝統

現在我々は季節や慶弔時の贈答品を包む時祝儀は右包み、不祝儀には左包みで贈り、百貨店包装紙による包み作法も同様に行われています。こうした包みの作法は元正天皇の養老3年(719)2月3日「壬戌初令天下百姓右襟」(『続日本記』巻八)の法令が発せられ、諸民の左袵(さじん)を禁じ、すべて右袵(うじん)に改めたことに起因します。この法令によって左袵の風習は暫時なくなり、一般の和服は右袵による着装方法が取られるようになりました。右袵とは着用者の右前を下に、次に左前をその上に重ねる着装法であり、今日の婦人服の合せ方は左袵で、和装は男女とも右袵になります。右袵が一般化すると、左袵は物事の逆様、つまり縁起の悪いことを意味するようになり、平常と異なる状態、すなわち死人は生きている人と区別して左袵に着せるようになりました。こうした風習はやがて包みものの世界にも及び、陰陽道の生・死、吉・凶、晴・穢、清浄・不浄、右・左、奇数・偶数というような中国二元論的宇宙観ともあいまって、慶事包みは右包み、弔事包みは左包みに包む作法が普及したのです。現在、風呂敷や包み袱紗を使って贈りものをする時、例えば結納目録や婚礼内祝を包む紋付風呂敷は、結ばず平包みで右包みとし、香典や弔用供物は左包みにしています。実に1270年余に及ぶ包み方の伝統が今も継続していることになるのです。

右包み 左包みの包み方

結納目録、結婚のお祝い、慶弔金封包などの場面で使う包み方です。 右包みは慶事(喜ばしい場面)、左包みは弔事(悲しい場面)、というふうに場面に合わせて包み方をかえます。

奈良時代平安時代室町時代江戸時代明治時代昭和時代昭和時代2現在

風呂敷の知識に戻る

風呂敷の知識トップページへ戻ります。


風呂敷の歴史 風呂敷の包み方

様々な風呂敷の包み方をご紹介いたします。

風呂敷の取り扱い方

生地ごとの風呂敷の取り扱い方を掲載しております。

風呂敷のサイズ

風呂敷には様々な大きさがあります。サイズとそれに応じた活用法などご紹介いたします。