» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 風呂敷の知識 » 風呂敷のサイズ

風呂敷のサイズ

風呂敷には小さなものでは45cmから、 大きなものでは布団も包める238cmまで、様々な大きさがあります。 包むものの大きさや用途に合わせて使い分けることができます。

風呂敷のサイズ

※風呂敷は、必ずしも正方形ではありません。 丈(縦の長さ)が幅(横の長さ)より2〜3%長めにできています。 これは正方形に比べて、より伸縮作用が働いて使いやすいためです (ただし最近は、一部正方形のものも製品として市場に出回っているようです)。

中幅
(ちゅうはば)
約45cm
金封包み・お弁当包み・ティッシュ包み等
一尺三寸幅
(いっしゃくさんずんはば)
約50cm
金封包み・お弁当包み・ティッシュ包み等
二幅
(ふたはば)
約68cm
最も一般的なサイズ・菓子折り等
ニ尺幅
(にしゃくはば)
約75cm
二幅よりもひとまわり大きなサイズ・菓子折り等
ニ四幅
(にしはば)
二尺四寸幅
(にしゃくよんすんはば)
約90cm
エコバック包み・のれん・テーブルクロス等
三幅
(みはば)
約105cm
エコバック包み・のれん・テーブルクロス等
四幅
(よはば)
約128cm
座布団4客・ソファーカバーなど
座布団4客・ソファーカバーなど
五幅
(いつはば)
約180cm
座布団6客・こたつ上掛けなど
座布団6客・こたつ上掛けなど
六幅
(むはば)
約205cm
布団1組・シングルベッドの上掛けなど
布団1組・シングルベッドの上掛けなど
七幅(ななはば)
約238cm
布団2組・ダブルベッドの上掛けなど
布団2組・ダブルベッドの上掛けなど

▲ページトップへ戻る

風呂敷の知識に戻る

風呂敷の知識トップページへ戻ります。


風呂敷のサイズ

風呂敷には様々な大きさがあります。サイズとそれに応じた活用法などご紹介いたします。

風呂敷の包み方

様々な風呂敷の包み方をご紹介いたします。

風呂敷の歴史

風呂敷がどのように人々の生活に浸透したのか、その歴史をご紹介いたします。

風呂敷の取り扱い方

生地ごとの風呂敷の取り扱い方を掲載しております。