» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 風呂敷の知識 » 風呂敷の歴史・江戸時代

風呂敷の歴史

江戸時代 風呂文化と風呂敷

「繪本紅葉橋」勝川春潮筆

江戸時代初期、都市生活の発展を反映し、湯屋営業も普及し、入浴料をとって風呂に入れる銭湯が誕生しました。『慶長見聞集(けいちょうけんもんしゅう)』三浦浄心(1614年)には、天正19年(1591年)に伊勢与市が銭瓶橋に銭湯風呂を建て、永楽一銭の入浴料を取ったとあります。これより居風呂・鉄砲風呂・子持風呂・戸棚風呂・五右衛門風呂などいづれも湯を張った「お湯」が出来、その種類も増しました。それらはいずれもが蒸し風呂ではなく、湯を張った風呂でした。奈良時代の温浴は沐浴潔斎であり、入浴作法が定められ、結界思想もあって入浴には必ず明衣(麻白布の衣)をまとい、鎌倉、室町期もこの作法に準じましたが、江戸期になるとこれが簡略化され、湯具としては手拭・浴衣・湯褌・湯巻・垢すり(呉絽の小布)・軽石・糠袋・洗い子などを風呂敷に包み銭湯へ通うようになりました。そして風呂敷はやがて銭湯などで他人のものと区別しやすいように家紋や屋号を染めるようになっていきました。こうして、湯道具を”風呂に敷く布”のようなもので包むようになり、その四角い包み布を”風呂敷包み”と呼ぶようになった、ということが考えられます。

江戸初期の作家、井原西鶴(1643−93年)の文学作品中には風呂鋪包、風呂鋪つつみ、お着物の入りたる風呂敷、などの風呂敷と包みを合成した言葉が多く見られます。

風呂敷という名称に関する最初の記録は、徳川家康(1542〜1616年)没後の元和2年(1616年)に生前の所蔵品を近親に分散した際の遺産目録のなかで、尾張の徳川家が受けついだ明細書である『駿府御分物御道具帳』に見られます。ここで言う風呂敷は、こくら金入敷物と並び記されています。木綿の生産は各地にはじまったばかりであり、木綿の敷物は当時としては高級品でした。家康の所蔵した「こくら木綿風呂敷」は字義の通り、風呂の敷物であり、包みものとしての風呂敷ではなかったと思われます。この記録から風呂敷の名称は、戦国時代にはすでにあり、平包から風呂敷へ呼称の変化する時期は『近世事物考』久松裕之(1848年に記す)に「寛保の頃より平包の名はうしないて、物を包む布を、皆ふろ敷と云なり」とあることから元禄・宝永の頃までは、平包と風呂敷包みの呼称が混在し、次第に風呂敷に統一されたのだと思われます。現在でも平包みと呼ぶことはありますが、この場合は風呂敷を結ばずにたたむ包結方法をさし示す言葉として用いています。

江戸中期、古学・国学の発達から近世の学者達によって事物起源や語源による語彙の解明をすることが盛んとなって、風呂敷の解釈も試みられるようになりました。

「浴後に敷いて座とするものの名」
『倭訓栞(わくんのしおり)』谷川士清(1707〜76年)
『屠龍工随筆(とりゅうこうずいひつ)』小栗百萬(1724〜78年)

「風呂の場所に敷きて浴衣にひとしきもの」
『本朝世事談綺(ほんちょうせじだんき)』菊岡沾涼(1734年刊)

「湯上り場所に敷き、また物を包むものの名」
『夢の代』山片蟠桃(1748〜1821年)
『半日閑話(はんじつかんわ)』太田南畝(1823年迄に記す)

「入浴に際し衣服をつつみ、浴後これを敷くものの名」
『南嶺遺稿(なんれいいこう)』多田義俊(1757年刊)

「風呂の敷きもの、足をぬぐうものに似た包みものの名」
『貞丈雑記(ていじょうざっき)』伊勢貞丈(1843年刊)

この風呂敷用途は主として敷きもの、拭きもの、包みものの兼用布として記載されています。浮世絵、絵双紙類の湯あがり、行水、風呂場(銭湯・家庭のすえ風呂)髪洗いなどを題材とした作品も多くありますが、上述の定義にあるような風呂敷を浴後に敷いたり、拭いたりしている作品は無きに等しいです。

江戸前期には湯文字・湯褌をつけた入湯作法も江戸後期には裸で湯へ入るようになり、銭湯へ通う姿も行きは浴衣をかかえ、帰途は衣類をかかえて風呂敷を使わずに描かれたものが多く、浴場での脱衣に関しては、衣桁や衝立、あるいは竹竿に着物や帯・手拭・ぬか袋などをかけています。銭湯板敷には衣類をおく棚が設けてあるものや、柳行李(やなぎごおり)や丸竹籠に衣類を入れ置き、ここでも風呂敷のある脱衣風景というものは非常に少ないです。手足や身を拭くのは、手拭1本あれば良いわけで、風呂敷で拭く必要もなく、湯上りに敷物代りの風呂敷を敷かずとも着替えは板敷か畳の上で行うようになっているので、直に座しても良いのです。

室町時代、風呂に招かれた大名達が衣類を包んだ帛紗から、蒸風呂の敷きもの、そして江戸の銭湯も風呂敷包みで初まるというように、風呂とは縁の深い兼用布が、時代が下がるにつれて入浴作法が変化して、必ずしも風呂で使う包み布でなくても、風呂敷という名称が包みものの総称として定着したとのだと思われます。

ふろしきは、商業の発展とも大きく関わっています。江戸や大阪、京都といった都市が形成されるにつれ、商業が活発になっていきました。そのような社会情勢の中で、商人達はさっそうとふろしきに商品を詰め込み、売り歩いたことでしょう。形を選ばず、ものを運搬できる便利さが重宝されたこともさることながら、屋号や商標を染め抜いたふろしきは商人にとって象徴ともいえるべきものでした。

「役者夏の富士」勝川春章筆

江戸の生活者がどれほどに風呂敷を用いたかは、寛保3年(1743年)江戸に店舗をかまえた呉服商大丸の風呂敷仕入高をみても知ることが出来ます。寛延3年(1750年)には14,500枚であり、78年後の文政11年(1828年)には60,670枚迄増加の一途をたどっています。『八王子織物史』にみる大丸一店に於いてもこの数量であるから、その販売量の多さが理解されます。江戸風俗絵図その他を見るに、いたる処で風呂敷の人力運搬が見られ、かもじ売り・小間物売り・針売り・お六櫛売り・呉服屋・端裂売り・古着屋・庖丁売り・古本屋・絵草紙屋・貸本屋・猿廻し・角兵獅子・宝船売り・万歳(大黒舞)・七夕短冊売りなど実に多くの行商人に風呂敷が利用されたかが証されます。

「繪本江戸紫」石川豊信筆

『守貞漫稿』(天保8年(1837年)〜嘉永6年(1853年)までを記述する)によると、当時の風呂敷は一般に麻布や木綿地のものを用い、一幅(約34cm)から五幅までの寸法のものがありました。民間では衣類を運ぶときは柳行李に納めてこれを風呂敷で包み、背負って運んでいました。また、江戸では火事が多く、商家に上がっている奉公人や、夜鷹(よたか−非公認の遊女)などの人々は、火災に備えて五幅風呂敷(約170cm)の上に夜具を敷いて眠り、いざ、火事が起こった際には布団に衣類や所持品を投げ込んで、布団ごと風呂敷で包んで避難していたそうです。

奈良時代平安時代室町時代江戸時代明治時代昭和時代昭和時代2現在

風呂敷の知識に戻る

風呂敷の知識トップページへ戻ります。


風呂敷の歴史 風呂敷の包み方

様々な風呂敷の包み方をご紹介いたします。

風呂敷の取り扱い方

生地ごとの風呂敷の取り扱い方を掲載しております。

風呂敷のサイズ

風呂敷には様々な大きさがあります。サイズとそれに応じた活用法などご紹介いたします。