» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » お知らせ・イベント情報 » 世界大風呂敷展

世界大風呂敷展 布で包む ものと心 表 世界大風呂敷展 布で包む ものと心 裏

[クリックすると大きな画像で表示されます]

世界大風呂敷展 布で包む ものと心

平成21年1月27日(火)〜3月22日(日)

近年、大量消費文化の中での過剰包装を反省する動きが、大きなうねりをなしています。そうした中で、風呂敷の持つ繰り返し使えるというエコロジー的な要素や、包み方の工夫による多機能性、そして、包まれたかたち自体の美しさが見直されつつあります。風呂敷はあまりに身近なものですが、実は、美しい布で美しいものを包むという、生活に根ざした立派な創造行為であるといえるのです。本展では、そうした風呂敷を約450点の作品を通して様々な角度から紹介いたします。

「風呂敷」は、日本独自のものと思われがちですが、実は世界各地に見られるものです。本展覧会では、まず、日本をはじめとして、南米、アジア、アフリカ、ヨーロッパ各地の装飾された布とそれぞれの日常生活の中での使用方法、さらに婚礼道具や経典、死者を埋葬する布など、祝いや祈りという特別な場での「風呂敷(布)」文化を紹介します。そして、テキスタイルからファッション、家具のデザインで知られるヨーガン・レール(1944-)による未来の風呂敷の提案も行われます。また会場には、実際に風呂敷に親しんでいただく包み方体験コーナーも併設、その他ワークショップも実施します。

先人たちから連綿と受け継がれてきた、布で包むことによりものを大切に扱うという習慣や、包まれたものを人に贈るという行為を振り返ることにより、高度経済成長期以降の使い捨て文化と、現代の希薄な人と人とのコミュニケーションのあり方を問い直すことになるのではないでしょうか。本展が、皆様お一人おひとりの生活を、ものを大切にし、心と心が通い合った真の意味での「豊かな生活」へと導く契機になれば幸いです。

【世界大風呂敷展 公式ページはこちら】

【期間】平成21年1月27日(火)〜3月22日(日)
【開館時間】10:00〜20:00(入場は19:30まで)
【場所】長崎県美術館

▲ページトップへ戻る

お知らせ・イベント情報に戻る

お知らせ・イベント情報のトップページに戻ります。